冠婚葬祭におけるスピーチ作成を補助するサポート情報サイト

>

結婚式でのスピーチの役割と結婚式の主役

主役は誰?結婚式のスピーチ

スピーチは結婚式の定番であり、一度の結婚式のプログラムで二回は組み込まれることから、結婚式にはスピーチがつきものとなっていることは間違いありませんが、スピーチが結婚式を盛り上げるほどの名スピーチとなることは稀で、結婚式をつつがなく進行させる無難な仕上がりとなることが望まれます。

理由は単純明快で、結婚式の主役は新郎新婦に他ならず、結婚式のスピーチを行うのが新郎新婦や著名人である場合を除き、スピーチへ過度の期待を寄せる人は皆無だからです。

仮に結婚式のスピーチを依頼されたとしても、名スピーチを作ろうとするより、結婚式の進行を妨げず、式場の新郎新婦と賓客に不快感を与えることなく終えることを重視するのがセオリーで、スピーチで新郎新婦や賓客を楽しませるのは、可能であれば程度の優先順位であることを理解しておきましょう。

結婚式のスピーチ作りのポイント

結婚式のスピーチには主に親族や友人といった親しい人物によるものと新郎あるいは新婦の職場の上司または学生時代の恩師によるものの二通りが存在し、親族・友人のスピーチには新郎新婦の人柄が賓客に伝わるような具体的なエピソードを交えたスピーチが求められ、上司や恩師のスピーチに対しては新郎新婦の紹介と賓客を代表しての挨拶を求められるケースが多く、スピーチを作るポイントの一つです。

親族や友人としての立場からスピーチを依頼されたのなら、新郎新婦の印象を良くするエピソードを選択するのに加えて、事前に触れられたくないエピソードを確認しておく必要があるでしょう。

上司や恩師の立場でのスピーチは公的な挨拶に新郎新婦を祝福する言葉を交えれば十分で、表面的であっても新郎新婦両名への好印象につながるエピソードを述べるに留め、可能であればこちらもスピーチ内容を新郎新婦に事前確認します。